審美治療の保険が適用される範囲とは

審美治療にかかる費用はどのくらい保険適用されるのでしょうか。

歯の治療における保険診療と自費診療

審美治療といえば自由診療というイメージを持っている方も多いと思います。確かにほとんどの審美治療が保険適用外の材料や技術を使うなど、自費となるケースが多いです。ですが100%そうかというと、そういう訳でもありません。昨今注目されているPMTCとは?

保険適用と保険適用外の診療を接ぎ木する?

歯科の世界では保険診療と自由診療とを接ぎ木するようなやり方ができます。ここまでは保険適用で、ここからはどちらにするか患者自身が選択をするというものです。なぜそのようなシステムになっているのでしょうか。どの様にして治療方法を決めればよいのでしょう。

保険の適用される審美治療とは

なぜ歯の治療には、保険適用される治療と適用されない治療があるのでしょう。
簡単に言うと、基本的に虫歯など治療が必要なものは保険が適用され、美しさや快適さ、耐久性などより高いレベルのものを求める審美治療は自費診療になるということです。

保険診療には材料や治療法に制約があって、そういった制約が保険適用外の自費診療にはありません。その分自費診療は費用も高くなります。コストはかかるものの、材料や治療法に制約がないため、保険診療よりも、よりクオリティの高い治療が可能だと考えられます。かと言って保険診療に問題があるわけではありません。保険診療は一般的には歯の機能回復を目的に治療するので、そこに重きを置いており、見た目の美しさはあまり重要視されていないと言えます。そういった意味で、治療後の自然さや美しさを重視している自費診療であれば、見栄えの良さも実現できるレベルの治療を目指せるということです。

治療の際の材料などでも、保険適用のクラウン(被せ物)は大きくは2種類で、レジンという白いプラスチックと、パラジウム合金といっていわゆる銀歯です。その他の様々な材料は保険適用外となります。
保険適用されないものでは大きく分けて3種類あり、プラスチック、ハイブリッドセラミックス(プラスチックとセラミックス合わせたもの)、セラミックスです。その他、金属の被せ物は、金や白金の含有量など、他の金属の含有量により費用が異なります。

どんな材料を使用しているのか

保険診療は決して質が悪いものではありません。ただ長い目で見たとき、治療後の再発虫歯はどうか、耐久性は?なども気になります。再び治療を受けなければならない確率が高いのは保険診療と言えるでしょう。そのことも踏まえてどういった治療を選択するのかも大切なことです。

保険の適用される審美治療とは

歯の治療における保険診療と自費診療

審美治療といえば自由診療というイメージを持っている方も多いと思います。確かにほとんどの審美治療が保険適用外の材料や技術を使うなど、自費となるケースが多いです。ですが100%そうかというと、そういう訳でもありません。昨今注目されているPMTCとは?

保険適用と保険適用外の診療を接ぎ木する?

歯科の世界では保険診療と自由診療とを接ぎ木するようなやり方ができます。ここまでは保険適用で、ここからはどちらにするか患者自身が選択をするというものです。なぜそのようなシステムになっているのでしょうか。どの様にして治療方法を決めればよいのでしょう。

どんな材料を使用しているのか

保険診療は決して質が悪いものではありません。ただ長い目で見たとき、治療後の再発虫歯はどうか、耐久性は?なども気になります。再び治療を受けなければならない確率が高いのは保険診療と言えるでしょう。そのことも踏まえてどういった治療を選択するのかも大切なことです。

TOPへ戻る