審美治療にかかる費用はどのくらい保険適用されるのでしょうか。

>

保険適用と保険適用外の診療を接ぎ木する?

歯科でのみ可能な接ぎ木方式

保険診療と自費診療は併用することはできません。ですが、接ぎ木方式は可能です。どういうことでしょうか。
虫歯、歯周病などの治療は保険の範囲内で行われることが多いですが、クラウン(被せ物)やブリッジや入れ歯は、保険、自費の両方から選ぶことができます。
例えると虫歯の治療の際に、歯を削ったり根の治療を保険適用し、歯に被せ物をする段階で、それを保険適用の治療にするか自費の治療にするのかを、自分で選ぶことが可能です。
自費診療の費用は各クリニックが自由に決めるので幅がありますが、もしかかっている歯科医院での自費診療の費用が、高いか安いか判断しきれない場合は、公立の大学病院の治療費を一つの目安にしてみるのもよいでしょう。

どんな治療をどうやって選ぶのか

自費診療は高額になりますが、材料費と技術料がかかってくるのが理由です。使用する材料から、導入している技術や医療機器などに差があるのも、費用に幅が出てくる理由といえます。
決して保険診療は質が悪いわけではありません。それに、自費診療が必ずしも保険診療よりも高い効果があるわけでもないです。ただし審美治療は仕上がりの美しさや、快適さなどを重視していますので、それをいちばんに求める場合は、やはり自由診療の方がよりレベルの高い結果を得られるでしょう。
まずはどんな治療の選択肢があるか、歯科医師にしっかりと教えてもらいましょう。歯科医師の意見を参考にして、治療費だけでなく歯の健康にとって最善なことは何か、自分で治療法を選びましょう。


TOPへ戻る