審美治療にかかる費用はどのくらい保険適用されるのでしょうか。

>

どんな材料を使用しているのか

自由診療の治療で使われる材料

このように保険診療と自由診療の接ぎ木方式が使えるのが歯科診療です。
歯科医にかかったことのある方ならご存知でしょう、「保険適用外ですが・・・」と材質の良い詰め物などを勧められます。ここでどのような材料を使ってどんな治療にするのかを自分で選ぶことができるのです。
保険が適用されるパラジウム合金で虫歯の治療は事足ります、ですが保険治療の限界という見方をすれば、高い審美性や耐久性といった面でセラミックには及びません。
ここで保険適用外の歯科治療で用いられるセラミックなどの材料について見てみましょう。
オールセラミックのジルコニア、ハイブリッドセラミックともいうエステニア、メタルボンド、ゴールドなどがあります。

セラミックのメリットは無視できない

セラミックは保険適用されませんが、メリットが多く、選択肢として選ぶ人も増えつつあるようです。
パラジウム合金と呼ばれる銀歯のデメリットは見栄えの問題だけではありません。治療から数年後などに詰め物や被せ物の下で虫歯が進行する、大人の虫歯とも言われる再発虫歯によって再治療となることも多いのです。
セラミックは仕上がりの高い精度や審美性に加えて、経年劣化の少なさ、歯茎や他の歯への影響のなさなど利点が多くあります。保険適用外のため費用はかかってしまう反面、長い目で見た場合のセラミックのメリットは無視できないものではないかと思います。
保険適用のできるPMTCの定期的なメンテナンスと、保険診療と自由診療を組み合わせるなどして、歯の健康維持を心がけたいですね。


TOPへ戻る